〜現在の日本経済に置けるクレヒスの重要性について〜

クレジットヒストリー

まず初めに。クレヒス(クレジットヒストリー)とは。

カードローンやクレジットカードの審査に大きな影響を与える情報です。

クレヒスは国内に3社ある信用情報機関に記録されており、金融業者が審査を行う際には必ず参照されています。

クレヒスとは、クレジットカードやローンの利用履歴のことです。

クレジットカード会社や消費者金融会社、銀行といった金融業者が加盟している信用情報機関に情報が記録され、その内容は加盟企業に共有されています。

ここで私がお伝えしたいのは、今現在クレジットヒストリーが悪い方や

クレジットヒストリーを持っていない方(クレジットヒストリーを持っていない方は一般的にはスーパーホワイトと呼ばれます。)

(スーパーホワイトの方は約25歳を超えると、新規クレジットカードの審査に通りづらくなる傾向にあります。)

クレジットヒストリーが悪い方もスーパーホワイトの方も、クレヒスを積み上げておいた方が絶対に良いです。

昨今の不景気では、今後益々日本経済は悪化の一途を辿るでしょう。

その際に、会社からの突然の解雇通知や勤めていた会社の倒産。仕事が見つからない等、何が起きるかわかりませんよね。

昨今の不景気は世界的なものでもありますから、日本に回復の兆しはまだありません。

その時、個人が経済に困った時に頼れるのは何か?

・クレジットカードのキャッシング機能

・銀行のカードローン

・消費者金融のキャッシング

と、なります。

クレジットカードを作り、毎月の支払いをきちんとしていれば個人のクレジットヒストリーはどんどん良好になっていきます。

社会的信用の築き、ですね。

当サイトでは審査の甘いクレジットカードを紹介させて頂いておりますが

今のうちに、確実に作れるクレジットカードか審査の甘いクレジットカードを作っておいた方が良いです。

今回ご紹介させて頂くのは確実に作れるクレジットカードです。

クレヒスが悪い方やスーパーホワイトの方と、先程は表現しましたが

クレヒスの重要性。これは誰にでも当てはまる内容です。

益々日本経済が悪化の一途を辿って行く前に、クレヒスを積み上げておく事を推奨します。

幸いにも、デポジット型のクレジットカードというのが日本国内にも存在していて

こちらでも、もちろんクレヒスは通常のクレジットカードと同様に信用情報を築き上げる事が出来ます。

デポジット型クレジットカードと言うと、あまり耳にした事は無い方も居ると思いますが

デポジット型クレジットカードは海外では主流のカードにもなっています。

確実に作れるクレジットカードのお申し込みはこちらから→→  デポジット型クレジットカード【Nexus Card】

【Nexus Card】
の詳しい内容は下記記載の記事で詳しく書いております。

断言しますが、作っておいて絶対に後悔はしません。クレジットヒストリーを築き上げる事を推奨します。

https://my-credit-card.com/2021/09/08/〜ほぼ確実に作れるクレジットカードのご紹介〜/


当サイトでは審査の甘いクレジットカードと審査の甘い消費者金融を紹介させて頂いております。

「消費者金融を利用したらクレヒスに傷つかない?」と思われた方が、もしいらしたら伝えさせて頂きますが

月々の返済をきちんとこなしていれば、クレヒスに傷がつく事は絶対に無いのでご安心下さい。

多少の遅れは、そこまで問題ではありません。

払わないで踏み倒す事だけはクレヒス上に「異動」の記載が載るので、それはやめましょう。

通常通りにクレジットカードの支払いを毎月しているとCICやJICC(信用情報機関、いわゆるクレヒス)には$マークが記載されます。 

$マークとは、社会的信用の証です。

多少の遅れの場合はAのマークが記載されますが、カード会社や消費者金融は基本的にAのマークはあまり気にしません。

踏み倒して異動の記載になってしまった場合は、その異動の記載が消えるまでは5年かかります(CICの信用情報保有期間が5年だからです。)

ですが、異動の記載がある方でも

今現在、まともなクレジットヒストリーを築き上げつつある方に対しては

カード会社も消費者金融も可決してくれる傾向にあります。審査の甘い会社でしたら、尚更確率は良い方向に上がります。

人が生きて行く上で、CICやJICCとの関わりを免れる事は出来ません。

当記事で、クレジットヒストリーの重要性が伝わってくれれば幸いです。

 

コメント

  1. […] →クレジットヒストリーについてはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました